高齢者入居促進ホーム > 高齢者専用賃貸住宅とは

高齢者専用賃貸住宅とは

今後ますます高齢者の住宅環境問題が深刻化することが予想されます。その対応策として「高齢者専用賃貸住宅(サービス付き高齢者向け住宅)」の需要が高まってきております。

高齢者専用賃貸住宅とは、介護が必要となる前段階の高齢者を対象とした、早期の住居替え促進を目指し、国土交通省が「高齢者の居住の安定確保に関する法律」(略称:高齢者居住法)に基づき2005年12月に制度化したものです。

有料老人ホームとの違い

有料老人ホームは「厚生労働省」の管轄であり、「有料老人ホーム」として認定を受けるためには、数多くの要件があり手続きが煩雑なのが現状です。

一方、高齢者専用賃貸住宅は「国土交通省」管轄であり、有料老人ホーム認定手続きのような多くの要件を必要とせず建築コストを抑えることができるのが大きな特徴です。

膨大なマーケット、投資先として注目

高齢者専用賃貸住宅を提供する側の企業として、利用者(高齢者)に対し、自由にサービスの提供、顧客満足度の向上をはかり、提供するサービスに見合った利益を受け取ることができるのです。

その市場規模は大きく、有料老人ホームなどの施設が高齢者の数に対して不足しているのが現状で、それが追い風となり、地主の方や医療関係者から新たな投資先として注目を集めています。

関連情報

経営コンサルタント

フォレストでは「高齢者向け住宅の経営」を全面的にサポートしております。お気軽にお問合せください。