高齢者入居促進ホーム > 高齢者専用住宅と老人ホームの違い

高齢者専用住宅と老人ホームの違い

日に日に高まる高齢者専用賃貸住宅の需要。

その最も大きな理由として、有料老人ホームを立ち上げるのに比べ敷居が低いことが挙げられます。高齢者専用賃貸住宅では、有料老人ホームなどの擁護施設とは異なり、価格が一定に規制されておらず、 運営側が自由に価格を設定でき、サービスに対する対価を得ることができるのです。

さらに、有料老人ホームと比べると、クリアするべき要件が少なく、建設・運営費用、初期投資も抑えられるのが特徴です。

もう間もなく迎える超高齢化社会の日本において、高齢者専用賃貸住宅の建設・運営は社会的にも非常に大きなポイントとなると予想されます。

関連情報

経営コンサルタント

フォレストでは「高齢者向け住宅の経営」を全面的にサポートしております。お気軽にお問合せください。