高齢者入居促進ホーム > 市場規模とニーズ

市場規模とニーズ

現状:受け入れ先の不足

療養型病床が廃止されたことで、退院後の在宅介護が困難であった高齢者の受け入れ先が足りないのが現状です。
これらの高齢者は在宅介護が困難なため長期的な介護が必要でありにもかかわらず、全国合計で23万床ものベッドが削減されてしまいました。

この対策として厚生労働省は2008年5月に「介護療養型老人保健施設(新型老健)」スタートさせ、療養型病床が廃止に伴う主要な受け皿を設定したものの、まだ十分に機能していないようです。

このような現状の中、介護療養型老人保健施設で対応しきれない長期的介護を必要とする高齢者の方々をサポートするためにも高齢者専用賃貸住宅や有料老人ホームに注目が集まってきています。

しかし現在、両者を合わせても不足分を補える規模に達しておらず、医療関係者は、「介護難民」が出てしまうのではと危機感を抱いております。

対象分析:超高齢化社会の形成

日本の人口は、2004年にピークを迎え、以降は減少傾向にあります。 その一方で、高齢者の人口は年々増加傾向にあり、その総人口に対する割合は、2005年に20%(5人に一人が高齢者)に達し、さらに2030年には約30%に達する見込みです。

高齢化社会の形成に伴い、高齢者が属している世帯状況に大きな変化をもたらしてきております。

高齢者の単身世帯および、高齢者夫婦のみの世帯増加が著しく、2025年頃には単身(一人暮らし)の高齢者の世帯数が、全高齢者人口の19%以上を占めると言われ、高齢者の実に5人に1人が単身(一人暮らし)になってしまうことになります。

高齢者の住宅所有率

高齢者が居住する世帯では、高齢者夫婦世帯よりも、高齢者単身世帯の方が持ち家の比率が低いことが分かっております。

今後は高齢者の転居が増え、賃貸住宅の需要が高まることが予測されます。

関連情報

経営コンサルタント

フォレストでは「高齢者向け住宅の経営」を全面的にサポートしております。お気軽にお問合せください。