高齢者入居促進ホーム > フォレスト独自の市場調査

フォレスト独自の市場調査

高齢者専用賃貸住宅の立地条件とは

高齢者専用賃貸住宅の経営においては、寝たきりとまではいかなくとも常に見守ることが必要な高齢者が対象となります。

こうした方々は、頻繁に外出することがないため、一般的な賃貸住宅とは違い、生活に便利な場所に建てる必要はありません。
しかし、高齢者にとって住みやすい環境に建てることが絶対条件となります。例えば、坂がないなど、高齢者がより生活しやすい立地条件が必要です。

立地条件も重要ではありいますが、高齢者専用賃貸住宅経営の成功の鍵となるのが、徹底した市場調査、そして競合業者の把握です。

失敗パターン

高齢者専用賃貸住宅は、まず建物を建てれば入居者が集まるものではありません。建築業者のシミュレーションに基づいてターゲット・価格設定をしてしまいますと、結果的にニーズを間違って把握してしまい、失敗するパターンが多いのです。

成功への鍵:一貫した経営コンサルティング

高齢者専用賃貸住宅の経営コンサルティングを行っているフォレストでは、事業を開始させる前段階で、徹底した市場調査を行うことを提案しております。

通所介護ニーズの有無、短期間の介護ニーズの有無、訪問介護ニーズの有無など高齢者専用賃貸住宅運営を成功させる上で十分な需要があるのかどうかを調査いたします。

また、有料老人ホームなど競合介護施設へのヒアリング調査も行い、価格設定、サービスに反映させます。

このような事前マーケティング・リサーチが、高齢者専用賃貸住宅の運営を開始する上で大きな足がかりとなります。

フォレストでは、高齢者専用賃貸住宅の経営コンサルティングのプロとして、事前調査からマーケティング、新規獲得のための広告媒体などを通じてのプロモーションに至るまで徹底したサービスを提供しております。

高齢者専用賃貸住宅を運営されようと考えていらっしゃるのであれば、ぜひフォレストまでお問合せください。

関連情報

経営コンサルタント

フォレストでは「高齢者向け住宅の経営」を全面的にサポートしております。お気軽にお問合せください。