高齢者入居促進ホーム > 高齢者専用住宅の建設・運営ノウハウ

高齢者専用住宅の建設・運営ノウハウ

入居希望者が溢れる現状を打開

有料老人ホームは各自治体の財政状況により、その数を規制しており、特別養護老人ホームに至っては、その施設数が希望者に対して大幅に少なく、入居希望者が溢れ返っているのが現状です。

このような状況の中、各自治体は多くの入居希望者に対して施設を提供できるだけの財政力がなく、積極的に民間企業の参入に期待しております。 現在、介護事業者、不動産、医療法人などさまざまな事業者が、高齢者専用賃貸住宅の新規建設に注目しております。

問題の多い高齢者専用賃貸住宅の経営

高齢者専用賃貸住宅は、専門的知識を必要とするため、介護業者以外の他業者にとっては、その運営面において、分からないことが多いものです。資産運用を希望する地主の方にとってはなお更やっかいな問題であり、「成功できるのかどうか」という不安はつきものです。

そこで、私たちフォレストのスタッフが事業者の方々の手となり足となり、トータル的なコンサルティングを行い、サポートいたします。

関連情報

経営コンサルタント

フォレストでは「高齢者向け住宅の経営」を全面的にサポートしております。お気軽にお問合せください。